ストーリー

どういう未来を描き、どういう未来のために今を生きるか。

カエルが生まれるまでの長い話

カエルデザイン クリエイティブ・ディレクター 高柳 豊

温暖化で水没していく国で
 僕が環境問題に関心を持つようになったのは、今から30年以上前、ODA(政府の開発援助)プロジェクトでインド洋の島国、モルディブに滞在したのがきっかけだった。当時、今ほど地球温暖化が深刻視されていなかったが、1000以上もの島々からなるモルディブの最高海抜1.8メートルの美しい島国は、地球温暖化による海面上昇で将来水没するのではないかと言われていた。国土の一部が水没するのではなく、国そのものが水没する。世界屈指のリゾートアイランドの美しさと、その国が将来迎えるであろう悲劇とのギャップが僕の心のなかに強烈な何かを産み落とした。今から思えばそれはカエルのタマゴのようなものだったかも知れない。

その後、約13年のサラリーマン経験を終えて、フリーランスのプランナーになってからもずっと僕の頭の中にはずっと海と地球温暖化の問題が渦巻いていた。
フリーランスになって間もなく、2004年、金沢21世紀美術館がオープンする年に、僕は仲間と一緒にアートと環境をテーマとした地域通貨を発行することとなる。2003年のリーマンショックを契機に、資本主義経済、世界的なマネーゲームによる様々な弊害が顕著になって来た、そんなタイミングでもあった。その時に出会ったのが、カエルデザインのアートディレクター、Shake Designの井上和真君である。

地球とともに人間が幸せに生きて行くためには世の中の仕組みを変えていかなくてはいけない。そのために自分たちは何ができるのだろうか?それを走りながら考えた。
その後、様々な紆余曲折がありながら僕は50歳を超えていた。紆余曲折はあまりに色んなことがあり過ぎて、ここで書くにはあまりに長過ぎるのでその多くは省略する。
オーガニック、エコ、ロハス、地産地消、地域活性化・・・・。そんなテーマに関係する仕事だけを選り好みして生きて来た。その中では当然のようにいくつもの失敗があったが、幸いにしていくつか賞をいただいたりして、自分が目指していることは間違っていないという確信を抱けるようになっていた。
さて、海洋プラスチックにたどり着くまでにあまりに長くなってしまった。

プラスチックストロー問題。
2018年の初旬、世界的にプラスチックストローが大問題となった。海亀の鼻にストローが突き刺さっている映像が拡散されたことが1つのきっかけであった。
僕は以前から小松市の大麦畑の美しさを見ながら、これって本当のストローなんだよね。ストローハット、麦わら帽子作りたいなあと思いながら、それはなかなか叶わずのままだったのが、プラスチックストローが問題になった時、ここに本物のストローがある。これをもう一度ストローとして世に出せば良いのだと直感した。で、小松の大麦を使った大麦ストローのプロジェクトが始まり、これも紆余曲折があり、僕は途中で抜けたのですが、その商品は見事、ソーシャルプロダクトの賞を受賞し、大きく羽ばたく様子を見せてくれている。

で、この脱プラスチックストローの大麦ストローの企画が、後に僕を海洋プラスチックの問題と、アップサイクル、捨てられるものを価値あるものにカエルというテーマに導いてくれることになる。
2019年の初め、それまでブランディングに関わっていた仕事に区切りがついて、残りの人生で何をなすべきかを考えた。
何かを企画してどんどん作ってどんどん売る。買って、いらなくなったら捨てる。もうそんなビジネスが許されるはずがなく、変わっていかなくてはならない。変えねばならない。
これからは捨てられたものを価値あるものへと生まれ変わらせる、アップサイクルをテーマに生きよう。
当然、自分一人でそれができるわけではなく、アクセサリー作家の川﨑朱美子さんと、もう15年以上の付き合いになるアートディレクターの井上和真君(Shake Design)にメンバーとなってもらい3人によるクリエイティブチーム、カエルデザインが生まれた。

カエルデザインとしてアップサイクルアクセサリーに商品を絞ったのは川﨑さんとの出会いが大きい。水引、レジン、ビーズ、ドライフラワー、編み物・・・・。クラフトと言うクラフトは何でも経験がある人で、「こういうの作りたいんだけど」と相談すると、「そういうの作ったことある」とか、「作れるよ」とか言ってすぐに作ってくれる、そんなスーパーなパートナー。
井上君はと言うと、「この人、また変なこと始めたなあ。しょうがないな、付き合ってあげるか」という感じに思っていたと思う(笑)。

さて、捨てられるものをアップサイクルすると言っても、素材はプラスチック、レジ袋、ビニール傘、古着、金属、木、植物、ガラス、電子基板・・・・。多種多様なモノが考えられて、当初は様々なものに挑戦した。日中は川﨑さんも僕も、別な仕事があるので試作は夜、深夜2時までとか当たり前のように。
当時からの膨大な試作品は山積みになっているわけだけれど、方向はやはり海へと向かう。 海洋プラスチック、マイクロプラスチック・・・。
心の中に強く渦巻いている、モルディブの風景と沈み行く国のこと。
そして、大麦のストローを企画した時から、海に何度も何度も足を運んでそこで目にした無数のプラスチックゴミ、ペットボトル、小さなマイクロプラスチック、発泡スチロール等々・・・。
海洋プラスチックは何百年も分解されない。海洋プラスチック問題を解決するには、プラスチックゴミを出さないことと、すでに出てしまったプラスチックゴミを回収する。この2つの方法しかなく、そしてそれは人間にしかできないこと。
カエルデザインの最初のアップサイクル商品は海洋プラスチックを素材にしよう。そう決めて、海に通い、海洋プラスチックを拾い集め、試作を繰り返す日々が続いた。そしてようやく商品化の目処が立ったのが2019年の9月頃。

で、当時、今も僕がディレクターとして働いていている株式会社クリエイターズが運営するリハビリ型就労支援施設「リハス」の寺井センター長やディレクターの道添さんに、こんなことをカエルデザインでやろうとしているんだけれど、一緒にやりませんか?と投げかけたら、「一緒にやりたい!」と即答してくれて。
海岸のプラスチックゴミが原料のアクセサリーなんて、誰が買うのだろう?そう思われても仕方がない。でも、僕たちは変な自信があった。自信と言うより、信念、哲学、使命感が勝っていた。みんながみんな買ってくれないだろうけれど、きっと共感してくれて買ってくれる人がいる。そう信じていた。

カエルデザインとリハスとのパートナーシップが始まって、障がいを持つ仲間たちと一緒に、金沢の海岸に行ってプラスチックゴミを拾い始めた。細かくなって海岸に流れ着いたプラスチックは小さなものはマイクロプラスチックと呼ばれ、海岸に行くと無数に見つかる。何気なく海辺を歩いていても気が付かないかも知れないけれど、しゃがんで良く目を凝らして見ると、あちこちに無限に見つかる。

砂浜に這いつくばってプラスチック集めて、分別して洗って、、、、 夏の暑い日には汗だくになるし、臭いし、冬の寒い日には鼻水が垂れるし。それでも、自分たちの海に、海岸にこんなにプラスチックゴミがあって、それが魚や亀や海鳥やイルカやクジラの命を奪っていると言う事実を知ったら、放って置けない。リハスの障がいを持つ仲間たちもそう感じてくれたに違いない。
で、拾ってきたプラスチックゴミを分別して洗って、また分別して、大きいモノはカットして、そこからプラスチックをブレンドして板にして、それをカットして、磨いて、樹脂加工して金具を付けて、ようやくアクセサリーが出来上がる。

「障がいがあっても稼ぐ」と言う目標。正直、障がいが無くても稼ぐのは大変だ。
会社や学校、組織の管理された生活、人間関係、現代社会が引き起こす様々なストレスに適応できずに疲弊して、生きるのを辞めようとした人たちもいる。今もその瀬戸際で生きている人もいる。実は、僕は今から20年ほど前に鬱病になってサラリーマンを辞めた経験がある。僕の家族にも心を病んだ人間がいる。心の病は環境も関係があるけれど、遺伝の関与もあるとも言われていて、そんな事を思うと申し訳ないと心が痛む。
でも、こうして海岸に行って、潮風や潮の匂いや気温を全身で感じながら、地球が壊れて行く様を目の当たりにして、人間の愚かさや、一人の人間の無力さや悲しさや、色んな事を感じながら、ちっぽけな自分でも、この地球のために、人間の未来のためにできる事があるんだって思える。それって自分が生きる意味にもつながる。
僕自身がそう思う。

去年の秋に、金沢から始まった海洋プラスチックのアップサイクルのプロジェクトは、今では北海道の小樽から、神奈川の茅ヶ崎や鹿児島の喜界島、最南端は沖縄の石垣島からも海洋プラスチックを回収してくださる仲間たちの輪が広がって、感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、カエルデザインのアクセサリーを販売していただいている皆様、そしてお買い求めいただいている皆様。本当にありがとうございます。
カエルデザインのストーリーは僕たちだけで作るものではなく、関わってくださる全ての皆様とずっと書き足していくものだと思っています。
みなさん、どうぞ一緒に未来の地球、未来の人類に向けた小さいけれど愛のこもったストーリーを育んでいただけたらとてもとても嬉しく思います。

こんなに長い文章、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

自分たちの個性を生かして、作り手として自信をもって働きながら
自分たちの人生を歩んで行ってもらいたい

リハビリ型就労スペース「リハス」

センター長 寺井 あかり

2014年1月 株式会社クリエイターズ リハビリ型就労スペース「リハス」(開設)
就労継続支援A型事業所(A型)として設立をしましたので、やはりここは理想のA型を作る意識がありました。

A型とは 障害者総合支援法(旧 障害者自立支援法)に定められた就労支援事業の一つ。
一般企業への就職が困難な障がい者に就労機会を提供するとともに、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの障がい福祉サービスを供給することを目的としています。障がい者と雇用契約を結び、原則として最低賃金を保障するしくみの”雇用型”の障がい福祉サービスです。雇用関係を結んでいるということは企業として、雇用を結んだ障がい者には最低賃金以上の働きを求めていき、一企業として自立する(稼ぐ)必要があります。しかし当時、全くと言っていいほど自立した(稼いでいる)A型はありませんでした。
ひどいところは、ネットサーフィンしているA型やカラオケなどをして過ごすA型もあったそうです。

そんなふざけた事業所に任せてられない。私たちが作る!という熱い志でこの事業所は開設しました。
そして、「自立」という思いから理念的要素としてある言葉が生まれました。
それが今の私たちのスローガンである「障がいがあっても稼ぐ!」でした。

稼いで働くことで、障がい者が戦力として雇用され納税者になります。
そうなることで「公費の削減」に繋がり、そして彼らが活躍する機会となり生きていく自信にもつながっていきます。
障がいを『強み』にし福祉に依存せず、
きちんと生産就労し『納税者』になることを支援できる団体、組織を目指し実現するために、この言葉を掲げていく事を決めました。

「障がいがあっても稼ぐ!」を目指してはいましたが企業として「稼ぐ」ことは簡単なことではありません。
ましてや、日々の精神状態や体調が不安定な障がいを持たれたメンバーが計画通り「稼ぐ」ことは非常に困難なことでした。

  • 体調が安定せず毎日出勤することもままならない方
  • 出勤しても周囲が気になり集中できない方
  • 途中まで来たけれど会社を通り過ぎて違うところへ行ってしまう方
  • 被害妄想や幻聴で他者と一緒に働けない方
など。。。
本当に様々なメンバーがいらっしゃいました。

当時はモノづくりに関してもみんな初心者なので目の前の仕事を淡々とこなすことで精いっぱいでした。
仕事があるけれど人と人の交流は最小限で自分の範囲の中で作業を黙々とこなしているという状況でした。

今のままではだめだ、次のステップに進むべきだ。みんなならまだまだできると思っていました。
そこに今のディレクターの高柳やクラフトマンである高田が参入したことで大きな転機を迎えることになりました。

メンバーにとって働くとは何か、仕事とは何か、物を誰かのために作って届けるということ、自分たちが作りたいもの、リハスという事業所についていろいろな話を日々の中で話し合う機会が増えました。能登ヒバを使った新商品を自分たちで考え試作したりという経験をしながら試作を積み重ねることの大切さ、うまくいかなくても次にアクションしていくことそして仲間で協力して作っていくことを学んでいきました。
話し合いを重ねる中で問いかけた言葉があります。

「商品を誰に届けるために作っていますか?」
「自分たちが作っている商品を自分は買いたいと思いますか?誰かにあげたいと思いますか?」

モノづくりをするうえでとても大切なことですが、目の前の作業で精いっぱいだったメンバーの中には
「いわれているから作っています」「特に考えていなかった」そう答える方もいました。
そして自分たちの作るものに自信を持てていない方もいらっしゃいました。

そこで私たちは今までとはやり方を少しずつ変えて仕事の幅を増やしていく事にしました。率先して納品時利用メンバーも一緒に出向き、どこで売っていて、どういうお客様が購入していって下さるのか、私たちが作っているものがどう社会に必要とされているのかを見て感じる機会を増やしていきました。

社会とどうつながっていて、必要にされているのか、自分たちのモノ作りはどこに繋がっているのか。
少しずつ事業所で作るモノと社会がつながり、自分たちも社会の中の一部であることを感じ始めたのではと思います。

そんな時、高柳から社会問題になっている海洋プラスチックでアクセサリーを作ってみないかという提案をうけました。
聞いた時「なにそれ?!ぜひやってみたい!!リハスのメンバーでやりたい!!!」ととてもワクワクしたことを覚えています。
社会問題になっていることに直接関わることができ、それが価値のあるモノになっていく。そんな商品や物語を作り世の中に届けることができればメンバーの働き甲斐や「社会とのつながり」を実感することに直結するのではないかと思いました。

アクセサリーを作る前にみんなで海にプラスチックを拾いに行った時の事ですが、砂浜に広がるたくさんのゴミにおどろきました。そしてよく見ると細かくなったプラスチックが砂と一緒に落ちていることにも改めて気が付きました。
利用メンバーは拾っても拾っても落ちているゴミたちを根気よく拾っていました。
1時間強ほどの短い時間でしたが何袋にもなる海洋プラスチックごみを拾い集めはしましたが、まだまだ浜には拾いきれないゴミたちが散在していました。。。
海ごみの量は想像以上で、その経験は社員にとってもメンバーにとっても現状を知るとても大切な機会になりました。
メンバーの一人がその日海の帰り道に車内TVを見ていると、リアルタイムで海洋プラスチックの番組がしていたことに驚き、帰社後みんなに報告してくれました。自分たちがやっていることが世界中で起きている問題に直結する大切な取り組みであることを実感した瞬間でした。
そんな海洋プラスチックを加工してアクセサリーが試行錯誤の中で作られました。

海に落ちていればゴミですが拾って加工することでこんなに素敵なアクセサリーになります。
ゴミは落ちていれば、誰も必要としないただのゴミです。
拾わなければプラスチックは自然にカエることなく半永久的に存在し続けます。
しかし一つ拾えば必ず一つは減ります。
私たちにできる事は小さい事ですが、よりたくさんの方に知っていただき賛同・共感していただくことで活動が広がっていくといいなと思っています。

また、障がいをもつことで「できない経験」「うまく行かない想い」を積み重ね社会と距離を感じていたメンバーも
近い未来このようなモノ作りを通して自分の存在を社会の中に感じることができ、自分の作ったものが必要とされる経験を積み重ねていってほしいと思っています。
「障がい者が障がいがあることが問題ではなく、障がい者が活躍できない社会こそが問題である」
これは弊社創業者が強い憤りを感じた経験に基づく強い想いです。
障がいを持つメンバーの障がいは一人一人の個性です。
それを生かせる働きを私たちは育てていきたいですし、
メンバーには自分たちの個性を生かして作り手として自信をもって働きながら自分たちの人生を歩んで行ってもらいたいと思っています。

私たち一人ひとりが社会を作り出す一員です。
どんなモノを選ぶのか、一人一人の選択で未来は変わります。
私たちが作り出すモノと想いとモノガタリがたくさんの人に届くことを切に願っています。